読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10パウンダーを求めて @カリフォルニア

カリフォルニアでバス釣りに再びハマった私が、夢の10パウンダーを釣り上げるまでの記録。今年6月までの期間限定ブログ!

17/2/25 California Delta 濁りにはシングルコロラド?

17/2/25 California Delta おかっぱり 10:00~16:00 月齢28.2 晴れ時々曇り 気温9℃~13℃ 水温12℃ 無風~軽風 水位高 マッディ(0~1ft)
 
もう大雨とか増水とか濁りという言葉には正直飽きたのですが、他のフィッシングレポートやYoutubeの動画のアップ状況を見るに、メジャーレイクはまだ回復していないようです。
 f:id:californiabass:20170303170546j:image
↑ちなみにこの写真は、途中で偵察に寄ったShadow Cliff(以前の投稿)の裏の野池の様子ですが、依然、上流から泥水が流れ、もうどこが池の輪郭だったのか分からない状況になっています。
ここのミニ池には10パウンダーが潜んでいると噂だったのですが、たぶん他へ流れてるだろうな...
 
そこで今回は、カリフォルニアデルタのような複数の河川と幾多の運河からなるフィールドであればランガンで水の条件が良いところを探しやすいのではないかと考え、先週の土曜日に出撃してきました。

カリフォルニアデルタはサクラメント川とサンホワキン川がサンフランシスコ湾に流れ込む前に合流するデルタ地帯で、面積は2800平方キロと東京都よりもデカく、主にゴロタで護岸された川や水路の総延長は1100キロとだいたい東京→福岡と同じくらいです(!)広大なエリアにストックされるバスの量は豊富であり、Bassmasterの2016年全米Top10レイクランキングでも5位にランクしています(レイクじゃないけど)。
 
ただ岸辺の長さは長いものの、宅地や農地などの私有地が多く、おかっぱりで立ち入られる場所が限られるのが難点ではあります。そういう時はGoogle Mapのストリートビューが行っている(つまり公道)水辺を事前に探しておけばOKです。今回も、時間はかかりましたが前日に15箇所ほど目星をつけておきました。
 
近場からどんどんランガンしていくぞと気合は十分でしたが、行ってみるとやはりほとんどの場所が「赤だし」状態。いや、「合わせ味噌」くらいか(どうでもいい)。しかも流れが早い...念のために数投して15分ほどかけて移動というのを繰り返します。
 
途中、本流から離れた都会の街中のポイントで水が多少マシなところを見つけ、バイトもあったものの、超怖い兄ちゃんがたむろしている&土手で何か知らない物体が燃え火が燻っているという、釣りどころではない生命の危険を感じたので、逃げるように退散。
 
既に時間は3時。そしてここが切れるカードの最後だろうということで向かったのはLodi Lakeというポイント。

 ここはデルタ本体からはダムで仕切られている小規模な野池のようなところで、水辺にアプローチしやすいので、釣りに来ているファミリーがちらほらといました。水もデルタよりは全然いい「白だし」
 
とりあえず探ってみると、岸辺はかなり水深が浅い(1m未満)ことが分かり、より深いところを探すような釣りに。どうやらインレットの脇が多少深く(2m程度)、質のよさげなウィードも生えているので、粘ってみることに。ルアーは庶民の味方、BooyahのSingle Colorado Spinnerbait 1/4oz黒にトレーラーとしてZoom Super Fluke 5" チャートを使用。シングルコロラドが濁りの中でもブルブルと心地良い振動を生み出し、フルークのテールが艶めかしくプルプル振動します。
 
ウィードエリアをキャストすること10投、通りかかった家族連れと「釣れたかい?」「ううん」などと喋っていたらヒット! Lafayette Reservoir釣行のときもそうでしたが、だいたい気を逸らしたタイミングで釣れるという、釣り人として嬉しいのか悲しいのか分からない展開です。
 
10人くらいの観客が見守る中で上がってきたのは41㎝、2.49lbのそこそこサイズ。子供たちが興奮して次々に「触らして触らして」と言ってくるのがなんだか気恥ずかしい。。。しかし、回ったポイントの大半がダメな中で、昨日の事前調査も含めて探し当てた感があり、嬉しい1匹でした。
f:id:californiabass:20170303165201j:image
もう他に行く当てもないので、更に1時間ほど粘るもノーフィッシュ。浅いレイクなのでストックが少ないのかもしれません。
 
集団のバスが見られる場所に行こうと立ち寄ったのがバスプロショップ!いつものように巨大水槽の前に釘付けで生態観察です。レイダウンや、ちょっとした岩壁の変化にタイトについており、やはりラージはカバーが好きな魚なんだというのがよくわかります。この店では信頼急上昇中(釣れるとだいたいこうなる、そしてしばしば裏切られる)のシングルコロラドのスピナベを数点購入しました。
f:id:californiabass:20170303165241j:image 
日も暮れ、腹も減ったので向かったのは、カリフォルニアの大人気バーガーチェーン”In-N-Out Burger” ここは安いわりにフレッシュ(例えばポテトは店で芋から調理)で、釣りの後はだいたい寄っています。最近、シェークが濃厚で美味いことに気づき、約550kcalに怯えながらも毎回注文してしまいます。フレッシュポテトをシェークにディップして食べるという、アメリカンでジャンキーな食べ方がおススメですよ。
 f:id:californiabass:20170303170554j:image
ということで、今日は以上です。ハイライト動画をどうぞ。 


2017-02-25 Delta 2.46lb

前半:なぜか無音です/冒頭のみShadow Cliff/ヒットシーン 3:10~/バスプロショップ 4:15~
【釣果】1本/41㎝、2.49lb
【2017年通算】11日/6本(平均0.5本)最大50㎝、4.5lb