読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10パウンダーを求めて @カリフォルニア

カリフォルニアでバス釣りに再びハマった私が、夢の10パウンダーを釣り上げるまでの記録。今年6月までの期間限定ブログ!

17/4/15 Lake Chabot 脱・スローフィッシング!

17/4/15 Lake Chabot ボート 7:30~17:30 月齢18.7 晴時々曇 気温9℃~17℃ 水温14~18℃ 風速4(西)満水 ステイン(透明度2~3ft)

カリフォルニアでは3月~4月はプリスポーン・スポーンの真っ盛りであり、10パウンダーの可能性が最も高まる時期です

しかし、仕事が忙しく、週末も色々と立て込んでしまったため、1か月ほどブログも更新できず、釣りにも行けない日々が続きました。こんな名前のブログを作っておきながら、大事な時期に釣りに行く時間を確保できないとは...悲しい...

ただ先週金曜日、仕事のちょっとした山場を無事切り抜けられたので、翌日には速攻で湖上の人になりました笑

向かったのはレイクシャボット。

ここも自宅から30分程度の湖で、315エーカー(1.27平方キロ)の広さがあるリザーバーです

面積は小さいながらも、フロリダ種の大型のバスが生息していることで知られ、去年の10月には19パウンダー(!)が釣られています

マリーナではエレキを積んだアルミボートを1日$55でレンタル可能(プラス駐車代$5と釣りパーミット1人$5が必要)

ただ、この湖は午後になると風が強く吹きやすく、エレキ1台では移動スピードが制限されるので、自分のエレキも装備して、ダブルモーター体制で臨みます

マリーナの兄ちゃん曰く、”最近はバスのレポートはあんまりないね”とのことで、やはりこの湖は去年の夏からの低迷から脱し切れていないらしい

ということであまり期待せず出航

バスがどこにいるのか、状況が全く分からないのでとりあえず湖岸を時計回りに回ってみることに。

1、2月の雨でド茶濁りだった状況から水質はだいぶ回復している模様

西岸のロッキーエリアで必殺ドロップショットを繰り出すも不発。ここは去年はよかったのですが、増水で水深が6,7メートルになってしまったのでもう魚はついていないのかもしれない

早めに見切り、岸際のブッシュを流していると、Tigerさんのジョイクロに50アップと思われるバスがチェイス喰っては来ませんでしたが、テンション上がる

その後、サイズは落ちるもののもう1回ジョイクロにチェイスがあったとのこと

一方、僕はどうやって釣ったものかと悩んでおり、ドロップショットを投げたり、ディープにアラバマを投げたり、シャークベイトを投げたりと試してみるもののしっくりこない...

湖を半周するもまったくしっくりこず、前日までの睡眠不足もあって、船上でお昼寝。最高にぐっすり眠れ、図らずも人生最高の昼寝になりました笑 波の揺れがちょうどいいんでしょうな

復活。

湖の最上流部、水深3メートルほどのチャネル+岸際のブッシュというポイントを狙う

これまで魚っ気はTigerさんのジョイクロへのチェイスしかないという状況。しかし手持ちのビッグベイトはジョイントから浸水してお釈迦状態...

そこでリグったのは、メキシコ釣行でお世話になった、Zoomマグナムフルーク7インチ。これをノーシンカーで使います。ベイトリールでも余裕で飛んでいきます。

これを岸際のブッシュ周りに投げ込んで、2秒ポーズからのジャーク2回&1~2秒ポーズの繰り返しで、まさにジョイクロのような、死にそうなorパニック状態の魚を演出します

ブッシュの合間のポケット、岸ギリギリに投げ、ポーズと1アクションを加えると、白いルアーがパッと消えた...

反射的にフッキングし、カバーから引き離す。あとは楽々ネットイン

48㎝、4.08lbの体色の濃いバスでした。なぜかヒレがかなりのオレンジ色

 

f:id:californiabass:20170417135422j:imagef:id:californiabass:20170417135435j:image

水深1~2メートルの岸際だったので、まさしくスポーン中だったのかもしれません

この魚は、釣れてないレイクでポイントの検討もつかない状態の中で、”釣れた”ではなく”釣った感”のある魚で正直めちゃ嬉しかったですね。

その後、このストレッチをさらに2往復し、チェイスを数回確認

そしてジョイクロの小さいサイズに持ち替えたTigerさんにも待望のヒット!こちらも48センチのナイスフィッシュでした。こちらも岸際での一本。

その後は音沙汰なく、17時30分に納竿となりました。

今日の学びとしては、こういうポイントが絞り切れないレイクの場合、ボートを流しながらジョイクロやフルークで、魚のチェイス状況を見てポイントを絞っていくというのが効率がいいのかもしれない

ビックベイトには魚を寄せる力があり、かつそれが目で見えるのでサーチには最適なんでしょう

そしてルアーを目で見えるところで動かせるので楽しいし集中力も持ちます

個人的には、最近続いていたスローフィッシングから脱却する一つのやり方が見え、光明を見た思いです。

帰宅後、ビッグベイトとマグナムフルークをポチったのは言うまでもありません


2017‐04-15 Lake Chabot 4.08lb (No bite moment)

 【釣果】1本48㎝, 4.08lb
【2017年通算】18日/11本(平均0.6本)/最大51㎝、5.01lb